HOME > 任意売却

任意売却

任意売却とは

住宅ローンの支払いが滞った場合に、
所有者と債権者の合意のもと、適正価格で売却すること。

任意売却とは、住宅ローンが払えない、滞納しているなどでいずれ所有不動産が競売になってしまう前に、債権者の合意を得て、売却することをいいます。
競売になると所有者の意志とは関係なく、売却されてしまいますが、任意売却はその名の通り、
所有者の意志(任意)で売却することができるというものです。
ただし、任意売却の場合、通常の不動産取引とは異なり債権者の合意が必要です。
通常の取引ならば売主と買主の間に不動産業者が入り、仲介します。
しかし、任意の売却の場合は、売主と買主、そして債権者(銀行等)の間に、不動産業者が入るということになるのです。
もちろん、税金(固定資産税、住民税など)の滞納による差押や、分譲マンションであれば管理費や積立金の滞納がある場合、各役所や管理会社との交渉も行いますので、全て清算しての再出発となります。
では、債務者が任意売却を申し出た時に、債権者側はどのように思うのでしょうか…
債権者にとっても任意売却はメリットがあるので、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)などは、任意売却にむけての手順書を作り積極的に任意売却を進めています。
いずれにしても、債務者にも債権者にも任意売却はメリットがあるのです。

任意売却にかかる費用はございません。

物件が売却された場合は手数料が発生しますが、この手数料は債権者・抵当権者側より支払われます。よってご相談者様から報酬を頂くことはございません。
成約できなかった場合は手数料も発生しませんし、別途費用を請求することもございません。
※ハウスワークが相談料など別途に請求することもございませんのでご安心ください。

任意売却の契約が成立した場合の仲介手数料は、売買代金から精算される為、任意売却に係る費用のお客様負担は実質0円となります。別途で活動費用などのご請求も一切ございませんのでご安心下さい。

任意売却のメリット

  1. 1. 市場価格に近い価格で売却できるため、残債を減らすことが可能。

    任意売却は、市場価格に近い価格で売却できるため、競売に比べて高額で売却することができます。従って、残債務が減り、その後の生活再建支援につながります。

    転売目的の不動産業者が買い取るケースが多いため、市場価格の2~3割ほど安い価格での売却となり、
    残債も残ってしまいます。

    住宅ローンのお支払・滞納でお困りの方はこちら
  2. 2. 引越し費用を確保することができる。

    債権者と交渉することで、お手元に引越し費用を確保することが可能です。

    引越し費用は一切出ず、さらに強制退去を命じられる場合もあります。

    住宅ローンのお支払・滞納でお困りの方はこちら
  3. 3. 家族のプライバシーを守ります

    近隣に知れ渡る前に通常の売却活動を行うため、競売にかけられているなどの情報を知られずに解決できます。

    物件写真や競売情報などを掲載した広告が近所に知れ渡ってしまいます。
    不動産業者や競売業者が下見に来る事も。

    住宅ローンのお支払・滞納でお困りの方はこちら

任意売却の流れ

任意売却の流れの図解
事例を見る
お問い合わせ・ご相談はこちらから