HOME > 不動産売却 > 事例

事例

  1. 注文住宅へ住み替えのケース
    ご依頼内容
    ハウスメーカーで新築住宅の建築を希望し、住宅用地を探している時、
    ハウスワークさんに紹介してもらった土地が気に入り購入を決定。
    同時に当時住んでいた分譲マンションの査定・売却もお願いしました。(2010年3月)

    土地の購入決定と同時にハウスワークが分譲マンションの販売活動を開始。
    土地の取引完了とほぼ同時に、分譲マンションの早期売却に成功しました。

    マンション
    結果
    建物建築から分譲マンション引渡しまでのスケジュール調整をハウスワークさんにお任せしたので、
    仮住まいなど無駄な費用を使わずに、
    分譲マンションから新居へスムーズな住み替えが出来ました。(2010年11月)

    ページの先頭へ戻る

  2. 資産処分による売却のケース
    ご依頼内容
    6年前にハウスワークさんに紹介してもらい購入した分譲マンションを、
    転勤を機に賃貸物件として管理をお任せしていました。
    その後、転勤先から戻る予定がなくなってしまったため売却することにしました。(2011年2月)

    ご入居頂いているお客様に購入のお話をさせて頂いたところ、
    大変ご興味をお持ちになり、資金計画などのご提案の後にご購入頂きました。

    お金
    結果
    敷金返金や引越し費用など売却に係る経費を抑えられ、
    さらに購入価格より少し高い価格で売却することが出来ました。(2011年2月)

    ページの先頭へ戻る

  3. 相続による売却のケース
    ご依頼内容
    以前、住み替え時に自宅の売却を依頼したハウスワークさんに、
    親から相続した実家の売却もお願いしました。(2011年6月)

    ご不安に思われていた税金のご相談の解決、相続登記の手配、さらにご兄弟間の日程調整までハウスワークにお任せ頂きました。
    ご兄弟の皆様がご納得して頂けた価格にて売却することが出来ました。

    結果
    兄弟3人での相続だったのですが、スムーズに相続・売却することが出来ました。(2011年8月)

    ページの先頭へ戻る

  1. 経営していた会社が倒産してしまったケース
    ご依頼内容
    取引先の不渡りで経営していた会社が倒産。
    自宅兼作業場として使用していた自社ビルなどのローンが支払えなくなりました。(2010年11月)

    会社所有の収益ビル・個人所有の分譲マンションを任意売却。
    さらに自社ビルはハウスワークが紹介した投資会社へ任意売却に成功しました。

    ビル
    現在
    投資会社より元自社ビルを賃貸することにより、
    会社名義のビルではなくなりましたが、以前と変わらない仕事をし、生活を送っています。(2011年9月)

    ページの先頭へ戻る

  2. 突然の入院で収入が途絶えてしまったケース
    ご依頼内容
    父の年金と私のパート収入をあてに、震災後、元あった自宅の建替えをしました。
    しかし、私の突然の入院で収入が途絶え、住宅ローンと税金が支払えなくなりました。(2011年3月)

    ご本人様に代わってハウスワークが銀行や市役所と交渉し、年金の差押を免れ、
    市場価格に近い価格で早期に任意売却に成功し、滞納していた税金など清算。

    お金
    現在
    任意売却で得た引越し費用を元手に、近くの賃貸マンションに引越し、父と慎ましく暮らしています。(2011年7月)

    ページの先頭へ戻る

  3. 元妻と子供が住んでいるマンションの住宅ローンを滞納してしまったケース
    ご依頼内容
    協議離婚後、元妻と子供の住んでいる分譲マンションの住宅ローンと、管理費・修繕積立金が支払えなくなりました。(2010年8月)

    ご本人様に代わってハウスワークが銀行や管理会社との交渉、
    さらに元ご夫婦双方のご希望で両者の面会は一度もせずに、任意売却に成功しました。

    家
    現在
    任意売却により元妻にも引越し費用を準備することができ、私も新しいスタートを切ることが出来ました。(2011年3月)

    ページの先頭へ戻る